インターンシップ企業検索:結果詳細

結果詳細は以下のとおりです。

実習先基本情報


実習先ID 3415  実習先名 ビジネスコース 
実習先名 和晃技研株式会社  実習先名カナ ワコウギケン 
業 種
主な業種 製造(電気機械設備)
上記以外の業種
所在地 〒601-8448
京都府京都市南区西九条豊田町26番地
U R L http://www.wako-kyoto.com 
事業内容 下記の製品に関する、研究開発、設計、製造、販売、メンテナンス
1.非常用及び常用電源装置
2.蓄電装置(鉛、アルカリ、ニッカド、リチウムイオンなど)
3.消火システム
4.太陽光発電システムの総合プロデュース及び関連機器製作
5.自家発電装置 フルシステムの販売
6.分散電源+P2P(電力融通)システムの研究開発 
インターンシップに
取組む目的
1.大学で教えなくなったアナログ電源技術を若い世代に継承させたい
2.好奇心、上昇志向、チャレンジ精神のある人材の発掘
3.JICA,ODAのプロジェクトにも対応できるグローバル人材の発掘
4.京大桂キャンパス内研究所(2020年8月開設)に勤務する研究者の発掘
5.太陽光発電に関連する蓄電装置、パワーエレクトロニクス関連事業など
  製品化、実用化で社会に貢献する人材の育成 
選考方法 2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
2次選考の詳細 受入れ先が面接を実施します。
面接内容
参加対象 全員
日時 5月17日~21日、24日
場所 本社、研究課題によっては京大桂ベンチャープラザ北館102号室
持参物 筆記用具
連絡方法 志望先から連絡
備考 1.実習に対する本人の希望をヒアリングします
2.現場で電源などの組み立て作業を見学して貰います
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について 対面でインターンシップを行う場合は、感染拡大予防対策の取組みを行ったうえで、実施する  

実習部署情報


実習部署又はプロジェクト名 非常用電源のミニカンパニー「経営体験」 
実施方法 対面で実施する予定です。  
実習地住所 京都府 京都市南区西九条豊田町26番地
※京都大学桂ベンチャープラザ北館102号室 
実習地の最寄り駅 市バス 南区総合庁舎前から徒歩3分 または、近鉄東寺駅から徒歩10分 
選考方法 2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
実習内容  初心者でも取りつき易い中小型の非常用電源を対象にして、会社運営に必要な設計・開発、製造、検査、出荷、営業などの業務を一貫して又は個別に実践で経験する。
※実習内容の詳細については、事前訪問の際に希望を聞いて決定します。複数選んでいただいても構いません。

1.設計・開発:
  AutoCADを使って既存図面の修正、手書図面のCAD化。
  蓄電装置など開発製品の試験や試作の補助。
2.製造:
  非常照明用電源(PanasonicへのOEMを含む)の組立。
3.検査:
  小型のスイッチング電源を自動検査装置で検査する。
  その他の電源は計測機器を使って手動検査をし、データ
  収集ソフトを使ってexcelに転送するテストを行う。
4.出荷:
  製品を輸送中に傷つけない梱包方法を学ぶ。
5.営業:
  ダイレクトメールや営業FAXの文面作成、ホーム
  ページ用の営業What's New作成、テレアポ等の実践。
 
実習のアピールポイント
ポイント1 AutoCADの使い方を実践でマスターできる。
実際のカスタム設計依頼の中で、既製品を少し修正するくらいの簡単な案件を選んで実践して貰う。これにより、単なる机上の練習ではなく、自身が設計したものが現実に製品となって社会に貢献する実感を体感して戴く。
ポイント2 パソコンを活用した生産技術力の醸成。
現在は、生産台数が多いスイッチング方式の充電器のみ、高価な自動検査装置を使っているが、その他は手動検査である。そこで、検査は人手で行うが、検査結果をパソコンでexcelに自動収集する簡便な省力化手法を実践して貰う。
ポイント3 各種の集客手法の実験場!
当社の製品は長期に亘って安定した性能を維持し故障が少ないので、一度販売したら、顧客との接点が数十年ブランクになっており、かえって知名度が浸透しない結果となっている。そこで、HPに頻繁に特集をアップすることで、休眠顧客の掘り起こしと老朽更新需要の喚起を行い、迅速な効果の実感を体感する。
ご担当者様から
学生へのメッセージ
当社は主力製品である非常用電源や消火システムは、一見地味で派手さには欠けますが、建築許可には必須のモノであり、これを極めれば、一生涯、生活には困らないと言う優れものです。
実際に当社では76歳のマイスターが現役で生き生きとして活躍しております。
一方、将来ビジョンを踏まえて、下記の研究開発にも着手しています。
災害が多発している近年、スマートコミュニティにおける電力の自立化を目指して、「分散電源にP2P(電力融通)システムを組み合わせる」手法の研究です。これは、京大桂キャンパス内にあるベンチャープラザで行っており、他大学の研究者とも連携をしております。 
受入予定期間
①受入予定時期 8月2日~9月17日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 夏季休暇8月8日~15日、実習生と相談
④備考
実働日数 10日以上 応相談 
受入人数 1名 ~5名 
学部系統指定 理工系、文社系
技術課での実習には、電気工学、機械工学が望ましいが、特に指定はしません。  
受入条件・資格 特に指定はありませんので、希望に応じて対応します。

・理工系の電気・電子工学なら、最適。
・AntoCADが使えるなら、技術部門で即戦力になる。
・設計以外は専門的な作業ではないため、理系に拘らず、文系も大歓迎。
・芸術系は工業デザイン、HP、DM作成に最適。