インターンシップ企業検索:結果詳細

結果詳細は以下のとおりです。

実習先基本情報


実習先ID 3458  コース ビジネスコース 
実習先名 丹波ワイン株式会社  実習先名カナ タンバワイン 
業 種
主な業種 製造(食品)
上記以外の業種 製造(食品)、製造(その他)、小売・販売・専門店、レストラン・フードサービス、観光・旅行、その他
所在地 〒622-0231
京都府船井郡京丹波町豊田鳥居野96
写真(社内の様子)
U R L https://www.tambawine.co.jp/ 
事業内容 「京都の食文化に合うワインを創る」というコンセプトで、1979年に京都初のワイナリーとして創業し、ワイン(果実酒・甘味果実酒)の製造、ぶどう畑での栽培・管理からラベルデザインなどの商品開発・プロモーションに至るまで一貫して自社で行っています。また、食材豊富な京丹波町で地元食材を使ったレストラン事業・自社ブランド商品の開発・販売を行っています。 
インターンシップに
取組む目的
「豊かな暮らしと文化生活の向上に貢献し、より多くの人々になくてはならない企業になる」という経営理念のもと、人材育成を自社従業員のみではなく社会全体での責務として取り組んでいくため。
地元公立高校の学生とは既に様々な取り組みを行っていますが、大学とも取り組みを行っていくことで、双方の成長と今以上の多様性な視野を身につけていきたいため。 
選考方法 1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)  
選考に関する備考欄  
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について 受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


実習部署又はプロジェクト名 ワイナリー併設ショップの強み弱みを考える提案型インターンシップ 
実施方法(予定) 対面とオンラインを併用して実施する  
実習地住所 京都府 船井郡京丹波町豊田千原83   実習地の最寄り駅 JR園部駅よりJR西日本バス 約25分、丹波高原バス停下車 徒歩15分  
選考方法 1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)  
実習内容 実習部署はワイナリーに併設しているショップです。

「ワイナリー併設ショップの強み弱みを考え、具体的改善策を提案する」というテーマに基づき、

・ワインのイロハ
・注目される日本ワインの概況
・ワイナリー専門店での業務
・来客セグメントから見るショップの役割

などを考えながら店舗スタッフの一員として実習頂きます。
実習プログラムの一部では、栽培管理から醸造・出荷・営業業務も視察頂き、
農作物を一から栽培育成管理し商品化・販売・消費に至るまでの一連のプロセスを直に経験頂けることを設定しています。
ショップでの販売業務がメインで、ぶどう栽培のプログラムは別途設けていますので別実習部署欄をご覧ください。

実習期間中、1~3日間はzoomによるオンライン実習や成果・課題発表準備日に企てるプログラムになる可能性があります。
その他、ショップ主催のワイナリーツアー実習、最終日に当社スタッフ数名向けに成果報告会も予定しています。
実習期間中instaglamなどのSNS発信を行って頂く可能性があります。

※交通費補助として、JR園部駅⇔最寄り駅バス停:丹波高原の往復バス代のみ(1,340円/日)支給いたします。 
実習のアピールポイント
ポイント1 来店されたお客様は何かしら購入されるため(来店顧客の購買率95%以上)、顧客の言動からKBF(Key Buying Factor/重要購買決定要因)が何かという思考スキルを得られるようになります。
ポイント2 POS(Point of Sales_商品販売時点データ)がリアルタイムで分かるレジシステムとKBFと合わせて売上分析を行い、翌日からすぐに実践とその検証を行うことができ、売り場マーケティングを体験できます。
ポイント3 食に対して関心の深いお客様が多く、マイクロツーリズムからインバウンド対応まで観光学の視点から思考する機会があります。お客様へは説明的プレゼンではなく、次のアクションや購買に繋がる人を動かすプレゼンスキルが身に付きます。
ご担当者様から
学生へのメッセージ
「より多くの人々にとってなくてはならない企業になる」という経営理念のもと、人材育成を社会的責務と捉えています。ぶどう栽培から醸造・販売まで一貫して行っているワインメーカーです。
ワインに関心がある学生は勿論のこと、アルコール類の中でもワインは社会人になり年齢や立場が変化すると自ずと出会う機会が増えるため、学部を問わずたくさんの応募をお待ちしています。
ワイナリーショップでの実習経験がインターンシッププログラムに留まらず、人生において記憶される貴重な経験となるよう弊社スタッフ一同真摯に誠実に向き合っていきます。
 
受入予定期間
①受入予定時期 8月1日~9月16日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 実習生と相談
④備考
実働日数 14日 
受入人数 1名 ~2名 
学部系統指定 指定しない  
受入条件・資格 アルコール飲料を扱うため20才以上
交通費補助あり ※JR園部駅⇔最寄り駅バス停:丹波高原の往復バス代のみ(1,340円/日)
EXCELとWORDを充分に使いこなせる
instaglam、FBのSNSを使いこなせる
実習開始までに新型コロナウイルスワクチン接種証明書の提示或いはスマホ画面の提示(2回以上接種のこと) 

実習部署又はプロジェクト名 ぶどう栽培部署にて、成熟期の基礎的管理知識を習得する 
実施方法(予定) 対面とオンラインを併用して実施する  
実習地住所 京都府 622-0231 京都府船井郡京丹波町豊田鳥居野96
※ワイナリー併設ショップでの実習は別部署での受け入れあり 
実習地の最寄り駅 JR西日本バス_丹波高原バス停下車_徒歩15分 
選考方法 1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)  
実習内容 「より多くの人々にとってなくてはならない企業になる」という経営理念のもと、人材育成を社会的責務と捉えています。

ぶどう栽培から醸造・販売まで一貫して行っているワインメーカーで、実習部署はぶどう栽培部署です。
空調服など貸出しますが、基本的に期間中は終日屋外での実習です。

丹波ワインぶどう農園の栽培管理作業実習で、期間中は収穫直前の成熟期のぶどう管理から収穫までの主な実習で、ぶどうにとって最も大切な期間の基礎的管理知識を習得頂き最終日に当社スタッフ数名向けに成果報告会を行って頂きます。
その他の製造作業も視察や実際に携わって頂く可能性があります。

※交通費補助として、JR園部駅⇔最寄り駅バス停:丹波高原の往復バス代のみ(1,340円/日)支給いたします。
 
実習のアピールポイント
ポイント1 ぶどうにとって最も大切な成熟期間の基礎的管理知識を実務から習得できる
ポイント2 ぶどう栽培という農作業管理業務での実習ですが、栽培から醸造・販売まで一貫して自社で行っているため、自身が栽培管理したものがどのように醸造され商品となりお客様に評価されているかを直に体感でき、今後の栽培や商品開発に対する思考が身に付きます
ポイント3 栽培管理業務以外の職種スタッフとの交流を設けていますので、社会人としてのあらゆる職種検討を考える機会が得られます
ご担当者様から
学生へのメッセージ
ぶどう農園業務の1年間は下記のような業務がメインです。

1月 剪定・農園修復作業
2月 剪定・農園修復作業
3月 誘引・防除
4月 草刈り・農園修復作業
5月 芽かき・草刈り
6月 誘引・草刈り・房整理・防除
7月 誘引・草刈り・房整理・防除
8月 収穫・房整理・除葉
9月 収穫・房整理
10月 収穫・房整理・仕込み
11月 農園修復作業・堆肥まき
12月 剪定・農園修復作業

実習期間中はぶどうの成熟期で最も間近でぶどうに接触できる時期であるいっぽうで、天候を問わず真夏の炎天下や降雨など体力消耗が激しい実習ですので充分にご留意下さい。

ぶどう栽培に関する知識は一切不問ですが、終日屋外実習を期間中耐えることができる学生を希望します。 
受入予定期間
①受入予定時期 8月1日~9月16日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 基本的に土日祝(実習生と相談)
④備考
実働日数 14日 
受入人数 1名 ~2名 
学部系統指定 指定しない  
受入条件・資格 真夏の炎天下体力消耗が激しい実習ですので体力に自信のあるかた
交通費補助あり ※JR園部駅⇔最寄り駅バス停:丹波高原の往復バス代のみ(1,340円/日)
EXCELとWORDを充分に使いこなせる
実習開始までに新型コロナウイルスワクチン接種証明書の提示或いはスマホ画面の提示(2回以上接種のこと) 

実習先基本情報


丹波ワイン株式会社
タンバワイン
実習先ID 3458 
コース ビジネスコース 
主な業種 製造(食品) 
上記以外の業種 製造(食品)、製造(その他)、小売・販売・専門店、レストラン・フードサービス、観光・旅行、その他 
所在地
〒622-0231
京都府船井郡京丹波町豊田鳥居野96
写真(社内の様子)
U R L
https://www.tambawine.co.jp/ 
事業内容
「京都の食文化に合うワインを創る」というコンセプトで、1979年に京都初のワイナリーとして創業し、ワイン(果実酒・甘味果実酒)の製造、ぶどう畑での栽培・管理からラベルデザインなどの商品開発・プロモーションに至るまで一貫して自社で行っています。また、食材豊富な京丹波町で地元食材を使ったレストラン事業・自社ブランド商品の開発・販売を行っています。 
インターンシップに取組む目的
「豊かな暮らしと文化生活の向上に貢献し、より多くの人々になくてはならない企業になる」という経営理念のもと、人材育成を自社従業員のみではなく社会全体での責務として取り組んでいくため。
地元公立高校の学生とは既に様々な取り組みを行っていますが、大学とも取り組みを行っていくことで、双方の成長と今以上の多様性な視野を身につけていきたいため。 
選考方法
1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)  
選考に関する備考欄
 
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について
受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


ワイナリー併設ショップの強み弱みを考える提案型インターンシップ
実施方法(予定)
対面とオンラインを併用して実施する
実習地住所
京都府 船井郡京丹波町豊田千原83
実習地の最寄り駅
JR園部駅よりJR西日本バス 約25分、丹波高原バス停下車 徒歩15分  
選考方法
1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)
実習内容
実習部署はワイナリーに併設しているショップです。

「ワイナリー併設ショップの強み弱みを考え、具体的改善策を提案する」というテーマに基づき、

・ワインのイロハ
・注目される日本ワインの概況
・ワイナリー専門店での業務
・来客セグメントから見るショップの役割

などを考えながら店舗スタッフの一員として実習頂きます。
実習プログラムの一部では、栽培管理から醸造・出荷・営業業務も視察頂き、
農作物を一から栽培育成管理し商品化・販売・消費に至るまでの一連のプロセスを直に経験頂けることを設定しています。
ショップでの販売業務がメインで、ぶどう栽培のプログラムは別途設けていますので別実習部署欄をご覧ください。

実習期間中、1~3日間はzoomによるオンライン実習や成果・課題発表準備日に企てるプログラムになる可能性があります。
その他、ショップ主催のワイナリーツアー実習、最終日に当社スタッフ数名向けに成果報告会も予定しています。
実習期間中instaglamなどのSNS発信を行って頂く可能性があります。

※交通費補助として、JR園部駅⇔最寄り駅バス停:丹波高原の往復バス代のみ(1,340円/日)支給いたします。 
実習のアピールポイント
ポイント1 来店されたお客様は何かしら購入されるため(来店顧客の購買率95%以上)、顧客の言動からKBF(Key Buying Factor/重要購買決定要因)が何かという思考スキルを得られるようになります。
ポイント2 POS(Point of Sales_商品販売時点データ)がリアルタイムで分かるレジシステムとKBFと合わせて売上分析を行い、翌日からすぐに実践とその検証を行うことができ、売り場マーケティングを体験できます。
ポイント3 食に対して関心の深いお客様が多く、マイクロツーリズムからインバウンド対応まで観光学の視点から思考する機会があります。お客様へは説明的プレゼンではなく、次のアクションや購買に繋がる人を動かすプレゼンスキルが身に付きます。
ご担当者様から学生へのメッセージ
「より多くの人々にとってなくてはならない企業になる」という経営理念のもと、人材育成を社会的責務と捉えています。ぶどう栽培から醸造・販売まで一貫して行っているワインメーカーです。
ワインに関心がある学生は勿論のこと、アルコール類の中でもワインは社会人になり年齢や立場が変化すると自ずと出会う機会が増えるため、学部を問わずたくさんの応募をお待ちしています。
ワイナリーショップでの実習経験がインターンシッププログラムに留まらず、人生において記憶される貴重な経験となるよう弊社スタッフ一同真摯に誠実に向き合っていきます。
 
受入予定期間
①受入予定時期 8月1日~9月16日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 実習生と相談
④備考
実働日数
14日 
受入人数
1名 ~2名 
学部系統指定
指定しない  
受入条件・資格
アルコール飲料を扱うため20才以上
交通費補助あり ※JR園部駅⇔最寄り駅バス停:丹波高原の往復バス代のみ(1,340円/日)
EXCELとWORDを充分に使いこなせる
instaglam、FBのSNSを使いこなせる
実習開始までに新型コロナウイルスワクチン接種証明書の提示或いはスマホ画面の提示(2回以上接種のこと) 

ぶどう栽培部署にて、成熟期の基礎的管理知識を習得する
実施方法(予定)
対面とオンラインを併用して実施する
実習地住所
京都府 622-0231 京都府船井郡京丹波町豊田鳥居野96
※ワイナリー併設ショップでの実習は別部署での受け入れあり
実習地の最寄り駅
JR西日本バス_丹波高原バス停下車_徒歩15分 
選考方法
1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)
実習内容
「より多くの人々にとってなくてはならない企業になる」という経営理念のもと、人材育成を社会的責務と捉えています。

ぶどう栽培から醸造・販売まで一貫して行っているワインメーカーで、実習部署はぶどう栽培部署です。
空調服など貸出しますが、基本的に期間中は終日屋外での実習です。

丹波ワインぶどう農園の栽培管理作業実習で、期間中は収穫直前の成熟期のぶどう管理から収穫までの主な実習で、ぶどうにとって最も大切な期間の基礎的管理知識を習得頂き最終日に当社スタッフ数名向けに成果報告会を行って頂きます。
その他の製造作業も視察や実際に携わって頂く可能性があります。

※交通費補助として、JR園部駅⇔最寄り駅バス停:丹波高原の往復バス代のみ(1,340円/日)支給いたします。
 
実習のアピールポイント
ポイント1 ぶどうにとって最も大切な成熟期間の基礎的管理知識を実務から習得できる
ポイント2 ぶどう栽培という農作業管理業務での実習ですが、栽培から醸造・販売まで一貫して自社で行っているため、自身が栽培管理したものがどのように醸造され商品となりお客様に評価されているかを直に体感でき、今後の栽培や商品開発に対する思考が身に付きます
ポイント3 栽培管理業務以外の職種スタッフとの交流を設けていますので、社会人としてのあらゆる職種検討を考える機会が得られます
ご担当者様から学生へのメッセージ
ぶどう農園業務の1年間は下記のような業務がメインです。

1月 剪定・農園修復作業
2月 剪定・農園修復作業
3月 誘引・防除
4月 草刈り・農園修復作業
5月 芽かき・草刈り
6月 誘引・草刈り・房整理・防除
7月 誘引・草刈り・房整理・防除
8月 収穫・房整理・除葉
9月 収穫・房整理
10月 収穫・房整理・仕込み
11月 農園修復作業・堆肥まき
12月 剪定・農園修復作業

実習期間中はぶどうの成熟期で最も間近でぶどうに接触できる時期であるいっぽうで、天候を問わず真夏の炎天下や降雨など体力消耗が激しい実習ですので充分にご留意下さい。

ぶどう栽培に関する知識は一切不問ですが、終日屋外実習を期間中耐えることができる学生を希望します。 
受入予定期間
①受入予定時期 8月1日~9月16日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 基本的に土日祝(実習生と相談)
④備考
実働日数
14日 
受入人数
1名 ~2名 
学部系統指定
指定しない  
受入条件・資格
真夏の炎天下体力消耗が激しい実習ですので体力に自信のあるかた
交通費補助あり ※JR園部駅⇔最寄り駅バス停:丹波高原の往復バス代のみ(1,340円/日)
EXCELとWORDを充分に使いこなせる
実習開始までに新型コロナウイルスワクチン接種証明書の提示或いはスマホ画面の提示(2回以上接種のこと)