インターンシップ企業検索:結果詳細

結果詳細は以下のとおりです。

実習先基本情報


実習先ID 3244  コース パブリックコース 
実習先名 特定非営利活動法人子ども自立の郷ウォームアップスクールここから  実習先名カナ コドモジリツノサトウォームアップスクールココカラ 
業 種
主な業種 非営利組織
上記以外の業種 非営利組織、教育(学校・大学等)
所在地 〒529-0512
滋賀県長浜市余呉町上丹生1570番地
写真(社内の様子)
U R L http://www.cocokara2008.com 
事業内容 不登校・いじめ・学力不振等の特別な課題をもった子どもを、余呉町の豊かな自然の中の廃校の木造校舎を利用し、自然・体験活動を重視し、家庭的な関わりの中で地域住民や高齢者の力をかり、宿泊を伴いながら、自信回復・社会・学校復帰のための適応指導に関する事業を行う。 
インターンシップに
取組む目的
・大学生を受け入れることにより、当法人の活性化
・寄宿生徒の自信回復のきっかけづくり
・過疎、高齢化の地域の活性化
・当法人の活動内容を県内外にPRし、支援者を増やす 
選考方法 2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
2次選考の詳細 受入れ先が面接を実施します。
面接内容
参加対象 選抜者のみ
日時 5月22日(日) 10時40分JR余呉駅集合 14時00分JR余呉駅解散 
場所 当施設(ウォームアップスクールここから)
持参物 筆記用具 
連絡方法 志望先から連絡
選考に関する備考欄 ・JR余呉駅から当施設までは車での送迎あり
・当日のスケジュール
 JR余呉駅集合ー当施設での面接ーカフェで昼食ーJR余呉駅解散
・昼食費用はこちらで負担します
・私服でお越しください 
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について 受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


実習部署又はプロジェクト名 不登校の子どもたちに【ここから】の想いを伝え隊!! 2022 
実施方法(予定) 対面で実施する(予定)  
実習地住所 滋賀県 長浜市余呉町上丹生1570(寄宿)
※滋賀県長浜市余呉町菅並480(カフェ) 
実習地の最寄り駅 JR北陸本線 余呉駅 車で約10分 
選考方法 2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
実習内容 ・当法人(以下【ここから】)の日々の活動内容や、その根底にある考えや想いを、学生ならではの多角的な視点、柔軟な発想をもって発信してもらうことを目的とする。


・【ここから】の活動を外部へ発信する上で、何よりもその情報を必要とする当事者(不登校児童生徒やその保護者、または教育関係者)へ必要な情報を効果的に届ける方法を考え実践する。そして実際の支援へと繋げていく。
 さらには少しでも多くの方々に活動内容を広報し、共感・賛同し応援してくれる方、活動に参画してくれる方を1人でも増やす。


・実習期間内に【ここから】の全ての活動に従事する。
 その体験や関係者とのコミュニケーションを通して、内側ではなく外側からだからこそ見える、「支援が必要な子どもたちへ伝えるべきこと」「ここからの魅力」などを発信して欲しい。


・当法人の主たる活動内容
 不登校児童生徒との寄宿生活(毎週木〜月、活動時間7:30〜23:00)
 カフェ運営を通じての就労支援活動(毎週土日祝11:00~16:00)
 イベント、行事を通した地域との交流


・主な実習施設
 旧上丹生小学校(寄宿)
 cococafe simple ~心風流~(カフェ)


・広報内容に関しては、児童生徒及び関係者の個人情報などの観点から、当スタッフが必ずチェックし場合によっては修正をする。


・当施設での実習予定期間
 8月19日(金)〜21日(日)【2泊3日】、25日(木)〜29日(月)【4泊5日】
 9月1日(木)〜5日(月)【4泊5日】、9日(金)〜11日(日)【2泊3日】
 ※コロナウイルスの感染状況等の事情によって、各日程が変更になる可能性あり

・当施設での実習期間中は、【ここから】が食事及び宿泊場所を提供する。 
実習のアピールポイント
ポイント1 ・コミュニケーション能力の向上

【ここから】では児童生徒が4泊5日の寄宿生活を繰り返しながら、社会に出て自立した生活を送る為に必要不可欠な、生活能力やコミュニケーション能力を身につけていく。
身支度や体調管理、炊事洗濯等の家事などは日常生活を営む上で必要なスキルであり、誰かにしてもらって当たり前の姿勢でいるのではなく、自身でできるようにならないといけない。
その上で人と関わり合いながら社会生活を円滑に進めていけるよう、他者の考えや気持ちを上手く受け取りつつ、自分のこともしっかり伝えられるようになることを目指していく。

実習生であれば、生活能力は十二分に備えていると思われる。
ただ今回の実習は、普段とは異なる場所に身を置いて、他の実習生はもちろん当スタッフ、児童生徒、ボランティアや地域住民と、様々な年齢そして価値観を持った人たちとの関わって行くこととなる。
さらにそれだけではなく、その体験を通じて感じたこと考えたことをまとめて、短期間で広報活動へと繋げていかなければならない。
一般企業での実習で得られるようなビジネススキルではないかもしれないが、【ここから】で児童生徒が学んでいることや、本実習を通して必要となる対人関係スキルは社会にでるための基礎となる部分であり、その向上へと必ずつながるはずである。


ポイント2 ・自立・自律性の向上

実習内容としては広報活動だが、短期間で学生であるとはいえ児童生徒からみれば、当スタッフと同じ「大人」として過ごすことに変わりない。
【ここから】での「大人」とは児童生徒に自立を促す立場である。
それには自身が直接的に何かを教えるという行為だけではなく、何気ない立ち振舞や言動が児童生徒にどんな影響を与えるか、を考えて行動することも含まれる。
児童生徒が自立に向かうためには、何より一緒にいる「大人」に自立・自律性が求められる。
それ故に、本実習は「大人になるとはどういうことか?」「何を持って自立しているというのか?」を真剣に考え、なにより自分自身の自立・自律性を見つめ直し向上する良い機会にもなると思われる。

ポイント3 未定
ご担当者様から
学生へのメッセージ
 【ここから】は設立から15年が経ち、これまで100人以上の不登校児童生徒が在籍しており、一人ひとりの子どもたちが自立しそれぞれの道へ自分らしく進んでいく為のサポートに取り組んできました。ただその一方で、目の前の子どもたちのことで精一杯でノウハウもないため、【ここから】の活動や想いを外に伝えるということが十分にできてきませんでした。
 
 寄宿制である以上、こちらから出向いてサポートすることができません。だからこそ、これからは今までやってきた活動に加えて、情報を発信しサポートを必要としている人へ伝わるような仕組みを作らなければならない、と痛感しています。ただ、広報の専門知識もなく、この環境が当たり前だと思っている内側のスタッフにはできることに限界があります。学生の皆さんに入っていただくことで、外からの目線新しいアイデアが生まれ、より良い広報につながるのではと思い、今回の実習を行うこととなりました。

 【ここから】の活動を持続可能なものにしていくために、なによりサポートを必要としている子どもたちのために、一緒に頑張ってくれる方の応募をお待ちしています。
 
受入予定期間
①受入予定時期 8月18日~9月12日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 実習内容に記載している実習予定期間以外の日
④備考
実働日数 16日  
受入人数 3名 ~5名 
学部系統指定 指定しない  
受入条件・資格 ・児童生徒、当スタッフと同様の条件で寄宿することができる。

・資格は問わないが、受け身ではなく自ら積極的に児童生徒及び当スタッフと建設的なコミュニケーションを図ることができる。
また特に児童生徒との関わりにおいて、当スタッフの指示、注意を厳守できる。

・夏季の屋外活動もあるため、ある程度体力に自信がある。 

実習先基本情報


特定非営利活動法人子ども自立の郷ウォームアップスクールここから
コドモジリツノサトウォームアップスクールココカラ
実習先ID 3244 
コース パブリックコース 
主な業種 非営利組織 
上記以外の業種 非営利組織、教育(学校・大学等) 
所在地
〒529-0512
滋賀県長浜市余呉町上丹生1570番地
写真(社内の様子)
U R L
http://www.cocokara2008.com 
事業内容
不登校・いじめ・学力不振等の特別な課題をもった子どもを、余呉町の豊かな自然の中の廃校の木造校舎を利用し、自然・体験活動を重視し、家庭的な関わりの中で地域住民や高齢者の力をかり、宿泊を伴いながら、自信回復・社会・学校復帰のための適応指導に関する事業を行う。 
インターンシップに取組む目的
・大学生を受け入れることにより、当法人の活性化
・寄宿生徒の自信回復のきっかけづくり
・過疎、高齢化の地域の活性化
・当法人の活動内容を県内外にPRし、支援者を増やす 
選考方法
2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
2次選考の詳細
受入れ先が面接を実施します。
面接内容
参加対象 選抜者のみ
日時 5月22日(日) 10時40分JR余呉駅集合 14時00分JR余呉駅解散 
場所 当施設(ウォームアップスクールここから)
持参物 筆記用具 
連絡方法 志望先から連絡
選考に関する備考欄
・JR余呉駅から当施設までは車での送迎あり
・当日のスケジュール
 JR余呉駅集合ー当施設での面接ーカフェで昼食ーJR余呉駅解散
・昼食費用はこちらで負担します
・私服でお越しください 
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について
受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


不登校の子どもたちに【ここから】の想いを伝え隊!! 2022
実施方法(予定)
対面で実施する(予定)
実習地住所
滋賀県 長浜市余呉町上丹生1570(寄宿)
※滋賀県長浜市余呉町菅並480(カフェ)
実習地の最寄り駅
JR北陸本線 余呉駅 車で約10分 
選考方法
2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)
実習内容
・当法人(以下【ここから】)の日々の活動内容や、その根底にある考えや想いを、学生ならではの多角的な視点、柔軟な発想をもって発信してもらうことを目的とする。


・【ここから】の活動を外部へ発信する上で、何よりもその情報を必要とする当事者(不登校児童生徒やその保護者、または教育関係者)へ必要な情報を効果的に届ける方法を考え実践する。そして実際の支援へと繋げていく。
 さらには少しでも多くの方々に活動内容を広報し、共感・賛同し応援してくれる方、活動に参画してくれる方を1人でも増やす。


・実習期間内に【ここから】の全ての活動に従事する。
 その体験や関係者とのコミュニケーションを通して、内側ではなく外側からだからこそ見える、「支援が必要な子どもたちへ伝えるべきこと」「ここからの魅力」などを発信して欲しい。


・当法人の主たる活動内容
 不登校児童生徒との寄宿生活(毎週木〜月、活動時間7:30〜23:00)
 カフェ運営を通じての就労支援活動(毎週土日祝11:00~16:00)
 イベント、行事を通した地域との交流


・主な実習施設
 旧上丹生小学校(寄宿)
 cococafe simple ~心風流~(カフェ)


・広報内容に関しては、児童生徒及び関係者の個人情報などの観点から、当スタッフが必ずチェックし場合によっては修正をする。


・当施設での実習予定期間
 8月19日(金)〜21日(日)【2泊3日】、25日(木)〜29日(月)【4泊5日】
 9月1日(木)〜5日(月)【4泊5日】、9日(金)〜11日(日)【2泊3日】
 ※コロナウイルスの感染状況等の事情によって、各日程が変更になる可能性あり

・当施設での実習期間中は、【ここから】が食事及び宿泊場所を提供する。 
実習のアピールポイント
ポイント1 ・コミュニケーション能力の向上

【ここから】では児童生徒が4泊5日の寄宿生活を繰り返しながら、社会に出て自立した生活を送る為に必要不可欠な、生活能力やコミュニケーション能力を身につけていく。
身支度や体調管理、炊事洗濯等の家事などは日常生活を営む上で必要なスキルであり、誰かにしてもらって当たり前の姿勢でいるのではなく、自身でできるようにならないといけない。
その上で人と関わり合いながら社会生活を円滑に進めていけるよう、他者の考えや気持ちを上手く受け取りつつ、自分のこともしっかり伝えられるようになることを目指していく。

実習生であれば、生活能力は十二分に備えていると思われる。
ただ今回の実習は、普段とは異なる場所に身を置いて、他の実習生はもちろん当スタッフ、児童生徒、ボランティアや地域住民と、様々な年齢そして価値観を持った人たちとの関わって行くこととなる。
さらにそれだけではなく、その体験を通じて感じたこと考えたことをまとめて、短期間で広報活動へと繋げていかなければならない。
一般企業での実習で得られるようなビジネススキルではないかもしれないが、【ここから】で児童生徒が学んでいることや、本実習を通して必要となる対人関係スキルは社会にでるための基礎となる部分であり、その向上へと必ずつながるはずである。


ポイント2 ・自立・自律性の向上

実習内容としては広報活動だが、短期間で学生であるとはいえ児童生徒からみれば、当スタッフと同じ「大人」として過ごすことに変わりない。
【ここから】での「大人」とは児童生徒に自立を促す立場である。
それには自身が直接的に何かを教えるという行為だけではなく、何気ない立ち振舞や言動が児童生徒にどんな影響を与えるか、を考えて行動することも含まれる。
児童生徒が自立に向かうためには、何より一緒にいる「大人」に自立・自律性が求められる。
それ故に、本実習は「大人になるとはどういうことか?」「何を持って自立しているというのか?」を真剣に考え、なにより自分自身の自立・自律性を見つめ直し向上する良い機会にもなると思われる。

ポイント3 未定
ご担当者様から学生へのメッセージ
 【ここから】は設立から15年が経ち、これまで100人以上の不登校児童生徒が在籍しており、一人ひとりの子どもたちが自立しそれぞれの道へ自分らしく進んでいく為のサポートに取り組んできました。ただその一方で、目の前の子どもたちのことで精一杯でノウハウもないため、【ここから】の活動や想いを外に伝えるということが十分にできてきませんでした。
 
 寄宿制である以上、こちらから出向いてサポートすることができません。だからこそ、これからは今までやってきた活動に加えて、情報を発信しサポートを必要としている人へ伝わるような仕組みを作らなければならない、と痛感しています。ただ、広報の専門知識もなく、この環境が当たり前だと思っている内側のスタッフにはできることに限界があります。学生の皆さんに入っていただくことで、外からの目線新しいアイデアが生まれ、より良い広報につながるのではと思い、今回の実習を行うこととなりました。

 【ここから】の活動を持続可能なものにしていくために、なによりサポートを必要としている子どもたちのために、一緒に頑張ってくれる方の応募をお待ちしています。
 
受入予定期間
①受入予定時期 8月18日~9月12日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 実習内容に記載している実習予定期間以外の日
④備考
実働日数
16日  
受入人数
3名 ~5名 
学部系統指定
指定しない  
受入条件・資格
・児童生徒、当スタッフと同様の条件で寄宿することができる。

・資格は問わないが、受け身ではなく自ら積極的に児童生徒及び当スタッフと建設的なコミュニケーションを図ることができる。
また特に児童生徒との関わりにおいて、当スタッフの指示、注意を厳守できる。

・夏季の屋外活動もあるため、ある程度体力に自信がある。