インターンシップ企業検索:結果詳細

結果詳細は以下のとおりです。

実習先基本情報


実習先ID 3245  コース 長期プロジェクトコース 
実習先名 特定非営利活動法人気候ネットワーク  実習先名カナ キコウネットワーク 
業 種
主な業種 非営利組織
上記以外の業種 コンサルティング・調査・研究
所在地 〒604-8124
京都市中京区帯屋町574 高倉ビル305
写真(社内の様子)
U R L http://www.kikonet.org/ 
事業内容 地球温暖化防止のために市民の立場から「提案×発信×行動」するNGO/NPOです。
ひとりひとりの行動だけでなく、産業・経済、エネルギー、暮らし、地域等をふくめて社会全体を持続可能に「変える」ために、地球温暖化防止に関わる専門的な政策提言、情報発信とあわせて地域単位での地球温暖化対策モデルづくり、人材の養成・教育等に取り組んでいます。 
インターンシップに
取組む目的
国際的な視野と長期的な視点を持ち、気候の危機を回避するための提案・発信・行動する次世代リーダーを育成し、一緒に行動するため。 
選考方法 2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
2次選考の詳細 書類選考(1次選考の結果と出願票により決定)
選考に関する備考欄  
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について 受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


実習部署又はプロジェクト名 脱炭素社会と再生可能エネルギー100%実現に向けた調査・情報発信 
実施方法(予定) 対面とオンラインを併用して実施する  
実習地住所 京都府 京都事務所 京都市中京区帯屋町574 高倉ビル305   実習地の最寄り駅 京都市営地下鉄四条駅、阪急京都線烏丸駅 
選考方法 2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
実習内容 脱炭素社会の実現に向けて「自然エネルギー100%実現」「脱炭素地域づくり」などについて、情報収集・調査研究、情報発信等を行う。

<活動予定>
◆6月 課題把握・目標設定・活動スケジュール設定
ミーティングで活動の趣旨などを共有し、今後の進め方や役割分担について確認する。
(活動日)
数時間程度のオリエンテーション兼ミーティングを気候ネットワーク京都事務所またはオンラインで実施する。

◆7月 プロジェクトの開始
自然エネルギー100%のシナリオ研究やコスト・技術のトレンドなど最新動向を学ぶ。また、自然エネルギー100%宣言・賛同の呼びかけ対象の候補リストを作成する。
(活動日)
週1回程度・数時間の作業と、数週間に1回のプロジェクト・ミーティングを気候ネットワーク京都事務所またはオンラインで実施する。

◆8月・9月 プロジェクトの実行~完成
収集した情報にもとづいて、更なる調査や情報発信について検討する。
(活動日)
週1〜3回程度・数時間の作業と、数週間に1回のプロジェクト・ミーティングを気候ネットワーク京都事務所またはオンラインで実施する。

◆10月 プロジェクトの振り返り・プロジェクト・プレゼンテーションに向けた準備
これまでの成果をとりまとめ、プレゼンテーションを通じて効果的に成果をアピールする方法を実践的に学ぶ。
気候ネットワーク京都事務所またはオンラインを予定。

 
実習のアピールポイント
ポイント1 気候変動、脱炭素社会・経済や自然エネルギーに関する最新動向に接することができる。
ポイント2 NGO関係者、研究者、自治体関係者、教育関係者、ボランティアなど、多様な人・団体と交流することができる。
ポイント3 情報収集から調査を経て、活動の企画、実施などの実践的な体験ができる。
ご担当者様から
学生へのメッセージ
気候の危機による影響を大きく受けてしまう若い世代として社会にアピールしていただき、脱炭素社会への大転換を経験できる希望を持つことにつながる活動を経験していただきたい。 
受入予定期間
①受入予定時期 6月16日~11月4日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 実習生と相談
④備考 長期プロジェクトコースの受入期間は上記に関わらず6月~11月です。
実働日数 活動状況による 
受入人数 2名 ~3名 
学部系統指定 指定しない  
受入条件・資格 基本的なパソコン操作が実習に必要。 

実習先基本情報


特定非営利活動法人気候ネットワーク
キコウネットワーク
実習先ID 3245 
コース 長期プロジェクトコース 
主な業種 非営利組織 
上記以外の業種 コンサルティング・調査・研究 
所在地
〒604-8124
京都市中京区帯屋町574 高倉ビル305
写真(社内の様子)
U R L
http://www.kikonet.org/ 
事業内容
地球温暖化防止のために市民の立場から「提案×発信×行動」するNGO/NPOです。
ひとりひとりの行動だけでなく、産業・経済、エネルギー、暮らし、地域等をふくめて社会全体を持続可能に「変える」ために、地球温暖化防止に関わる専門的な政策提言、情報発信とあわせて地域単位での地球温暖化対策モデルづくり、人材の養成・教育等に取り組んでいます。 
インターンシップに取組む目的
国際的な視野と長期的な視点を持ち、気候の危機を回避するための提案・発信・行動する次世代リーダーを育成し、一緒に行動するため。 
選考方法
2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
2次選考の詳細
書類選考(1次選考の結果と出願票により決定)
選考に関する備考欄
 
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について
受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


脱炭素社会と再生可能エネルギー100%実現に向けた調査・情報発信
実施方法(予定)
対面とオンラインを併用して実施する
実習地住所
京都府 京都事務所 京都市中京区帯屋町574 高倉ビル305
実習地の最寄り駅
京都市営地下鉄四条駅、阪急京都線烏丸駅 
選考方法
2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)
実習内容
脱炭素社会の実現に向けて「自然エネルギー100%実現」「脱炭素地域づくり」などについて、情報収集・調査研究、情報発信等を行う。

<活動予定>
◆6月 課題把握・目標設定・活動スケジュール設定
ミーティングで活動の趣旨などを共有し、今後の進め方や役割分担について確認する。
(活動日)
数時間程度のオリエンテーション兼ミーティングを気候ネットワーク京都事務所またはオンラインで実施する。

◆7月 プロジェクトの開始
自然エネルギー100%のシナリオ研究やコスト・技術のトレンドなど最新動向を学ぶ。また、自然エネルギー100%宣言・賛同の呼びかけ対象の候補リストを作成する。
(活動日)
週1回程度・数時間の作業と、数週間に1回のプロジェクト・ミーティングを気候ネットワーク京都事務所またはオンラインで実施する。

◆8月・9月 プロジェクトの実行~完成
収集した情報にもとづいて、更なる調査や情報発信について検討する。
(活動日)
週1〜3回程度・数時間の作業と、数週間に1回のプロジェクト・ミーティングを気候ネットワーク京都事務所またはオンラインで実施する。

◆10月 プロジェクトの振り返り・プロジェクト・プレゼンテーションに向けた準備
これまでの成果をとりまとめ、プレゼンテーションを通じて効果的に成果をアピールする方法を実践的に学ぶ。
気候ネットワーク京都事務所またはオンラインを予定。

 
実習のアピールポイント
ポイント1 気候変動、脱炭素社会・経済や自然エネルギーに関する最新動向に接することができる。
ポイント2 NGO関係者、研究者、自治体関係者、教育関係者、ボランティアなど、多様な人・団体と交流することができる。
ポイント3 情報収集から調査を経て、活動の企画、実施などの実践的な体験ができる。
ご担当者様から学生へのメッセージ
気候の危機による影響を大きく受けてしまう若い世代として社会にアピールしていただき、脱炭素社会への大転換を経験できる希望を持つことにつながる活動を経験していただきたい。 
受入予定期間
①受入予定時期 6月16日~11月4日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 実習生と相談
④備考 長期プロジェクトコースの受入期間は上記に関わらず6月~11月です。
実働日数
活動状況による 
受入人数
2名 ~3名 
学部系統指定
指定しない  
受入条件・資格
基本的なパソコン操作が実習に必要。