インターンシップ企業検索:結果詳細

結果詳細は以下のとおりです。

実習先基本情報


実習先ID 1125  コース ビジネスコース 
実習先名 公益財団法人大学コンソーシアム京都  実習先名カナ ダイガクコンソーシアムキョウト 
業 種
主な業種 教育(学校・大学等)
上記以外の業種 非営利組織
所在地 〒600-8216
京都府京都市下京区西洞院通塩小路下ルキャンパスプラザ京都内
写真(社内の様子)
U R L http://www.consortium.or.jp/ 
事業内容 京都地域の50大学・短期大学で構成する日本で唯一の公益財団法人です。
コンソーシアムとは、「連携」や「連合」を意味し、「大学のまち京都・学生のまち京都」を充実・発展させるため、産学公地域連携や大学関連携による事業を行っています。
【主な事業】単位互換制度、京都の大学「学び」フォーラム、FDフォーラム、学まちコラボ事業、国際交流・海外研修プログラムの実施、京都学生祭典  
インターンシップに
取組む目的
大学コンソーシアム京都では、以下のような目的で募集します。
・京都地域のインターンシップの普及、啓発
・実習生の課題発見力、文章表現力、折衝力などの社会人基礎力の涵養  
選考方法 1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)  
選考に関する備考欄  
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について 受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


実習部署又はプロジェクト名 総務部 
実施方法(予定) 対面とオンラインを併用して実施する  
実習地住所 京都府 京都府京都市下京区西洞院通塩小路下ルキャンパスプラザ京都内   実習地の最寄り駅 各線京都駅から徒歩5分 
選考方法 1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)  
実習内容 財団業務において、学生の視点を取り入れたい事案などに実習生が主体となって進めてもらう予定。

過去実施例:
単位互換制度PR動画素案作成
京カレッジ受講生へのインタビュー
「学生向け大学コンソーシアム京都活用ガイド」作成 
実習のアピールポイント
ポイント1 グループで業務に当たってもらうことにより、グループで物事を進める力が少しでも身に付くことを願っています。
ポイント2 これまで、内向的で人と関わることを苦手としていた人にとっても、苦手意識が少しでもなくなるような取組を目指します。
ポイント3 コロナ禍を機に増えてきているリモートワークを体験できる機会を設けます。
ご担当者様から
学生へのメッセージ
実習生の糧となるように対応していきます。 
受入予定期間
①受入予定時期 8月23日~9月16日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 日月及び実習生と相談
④備考
実働日数 10~15日 
受入人数 2名 ~4名 
学部系統指定 指定しない  
受入条件・資格 真摯に実習に取り組めること。 

実習先基本情報


公益財団法人大学コンソーシアム京都
ダイガクコンソーシアムキョウト
実習先ID 1125 
コース ビジネスコース 
主な業種 教育(学校・大学等) 
上記以外の業種 非営利組織 
所在地
〒600-8216
京都府京都市下京区西洞院通塩小路下ルキャンパスプラザ京都内
写真(社内の様子)
U R L
http://www.consortium.or.jp/ 
事業内容
京都地域の50大学・短期大学で構成する日本で唯一の公益財団法人です。
コンソーシアムとは、「連携」や「連合」を意味し、「大学のまち京都・学生のまち京都」を充実・発展させるため、産学公地域連携や大学関連携による事業を行っています。
【主な事業】単位互換制度、京都の大学「学び」フォーラム、FDフォーラム、学まちコラボ事業、国際交流・海外研修プログラムの実施、京都学生祭典  
インターンシップに取組む目的
大学コンソーシアム京都では、以下のような目的で募集します。
・京都地域のインターンシップの普及、啓発
・実習生の課題発見力、文章表現力、折衝力などの社会人基礎力の涵養  
選考方法
1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)  
選考に関する備考欄
 
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について
受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


総務部
実施方法(予定)
対面とオンラインを併用して実施する
実習地住所
京都府 京都府京都市下京区西洞院通塩小路下ルキャンパスプラザ京都内
実習地の最寄り駅
各線京都駅から徒歩5分 
選考方法
1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)
実習内容
財団業務において、学生の視点を取り入れたい事案などに実習生が主体となって進めてもらう予定。

過去実施例:
単位互換制度PR動画素案作成
京カレッジ受講生へのインタビュー
「学生向け大学コンソーシアム京都活用ガイド」作成 
実習のアピールポイント
ポイント1 グループで業務に当たってもらうことにより、グループで物事を進める力が少しでも身に付くことを願っています。
ポイント2 これまで、内向的で人と関わることを苦手としていた人にとっても、苦手意識が少しでもなくなるような取組を目指します。
ポイント3 コロナ禍を機に増えてきているリモートワークを体験できる機会を設けます。
ご担当者様から学生へのメッセージ
実習生の糧となるように対応していきます。 
受入予定期間
①受入予定時期 8月23日~9月16日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 日月及び実習生と相談
④備考
実働日数
10~15日 
受入人数
2名 ~4名 
学部系統指定
指定しない  
受入条件・資格
真摯に実習に取り組めること。