インターンシップ企業検索:結果詳細

結果詳細は以下のとおりです。

実習先基本情報


実習先ID 2566  コース ビジネスコース 
実習先名 三共精機株式会社  実習先名カナ サンキョウセイキ 
業 種
主な業種 商社・卸売
上記以外の業種
所在地 〒601-8328
京都市南区吉祥院九条町49番地
写真(社内の様子)
U R L http://www.sankyo-seiki.com/ 
事業内容 三共精機は、ものづくりの製造現場に必要な機械・工具などを提案し販売する専門商社です。国内4拠点と海外に子会社(マレーシア、フィリピン)を有しています。ものづくりの現場では、日々新たな技術によって研究や製品開発が行われています。私達はものづくりの現場で生まれる様々な問題を発見し、創業来70年以上にわたって培ってきた知恵と経験に基づき、様々な企業と連携しながら、お客様のものづくりの「課題解決」策を提案しています。 
インターンシップに
取組む目的
2006年から大学コンソーシアム京都のインターンシップ・プログラムに取り組んでいます。
インターンシップを通じて、三共精機という場で社会を実体験しつつ、企画力・行動力・協働力・コミュニケーション力・成形力・想いの力を育み、当社に有益な価値を生み出すことで、参加した皆さんに人間として一段成長してほしいと思っています。
インターンシップ期間中は、社員をはじめ社内外の多くの人と協力し、与えられたテーマを完成してもらいます。単なる就業体験に終わらない、企画創造型のプログラムにしたいと考えています。
インターンシップを通じて共に学び、このプログラムが、みなさんの今後の人生に活きる活動になることを期待しています。
今年の活動も、新たな仲間と共に、人との繋がり、企業との繋がり、社会との繋がりの場となればと願っております。
 
選考方法 1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)  
選考に関する備考欄  
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について 受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


実習部署又はプロジェクト名 三共精機の環境ブランド認知度UP  
実施方法(予定) 対面とオンラインを併用して実施する  
実習地住所 京都府 京都市南区吉祥院九条町49番地
※滋賀営業所  
実習地の最寄り駅 JR西大路駅より徒歩7分 
選考方法 1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)  
実習内容 【テーマ】

三共精機の環境ブランド認知度UP



【実習内容】

・三共精機を知る。

・三共精機が環境商品を取り扱う意義について考える。

・三共精機の取り扱い環境商品を知る。

・ものづくり企業に浸透させる成果物の制作。



【詳細】

みなさんこんにちは。三共精機の山中です。

弊社は京都に本社を構え、測定機器、工具、機械、環境商品等さまざまな製品を販売し、日々ものづくりの課題解決にお応えしている専門商社です。今年の5月で設立74年を迎えます。


弊社は2006年から大学コンソーシアム京都のインターン・プログラムに取組んでおり、これまでに14大学、62名の学生と一緒に実習を進め成果物を作ってきました。


さて、今回のテーマですが、「三共精機環境ブランドの認知度UP」です。


近年、世界中で様々な気象災害が起こっています。その原因として温室効果ガスの影響による気温上昇が言われており、気温上昇を止める為に日本を含めた120か国以上が、2050年迄にカーボンニュートラル(温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させることを意味します)の目標を掲げています。


弊社では2018年より環境認証機構KESの「SR」という認証を取得し、
その中核課題の環境・消費者課題の取組の一つとして、弊社の売上にも直結する環境商品の拡販があります。


弊社としても、カーボンニュートラルの達成に取り組んでいるものづくり企業に対し、温室効果ガス等の削減につながる製品を環境商品と位置づけ、その拡販を進めてまいりました。しかし、実態として顧客にまだまだ取り組みが認知されていません。


そこでみなさんに弊社の取扱しているメーカーの環境商品を知って頂き、その特徴や魅力をまとめた成果物を制作し、弊社の環境ブランド力の向上に活用させて頂こうと考えています。


学生の皆さんにとっても、弊社の実習に参加頂くことで、商社の役割やメーカーがどのように環境問題に取組んでいるのかを知る機会となりますし、成果物の制作を通じては、コミュニケーション能力や文章力等を磨くことが出来るでしょう。


弊社を知ってもらう為に、会社の方針・環境商品の販売・モデルフォレスト等環境に関する取組等の説明を行います。また社員「ブラザー」についてもらい毎日のフォローをしてもらいます。1日の終わりには日報と弊社HP上での「インターンシップ・ブログ」を書いてもらいます。最終日には「成果発表会」を実施し、社員や見学者の前で成果物の制作過程やその想いについてプレゼンテーションをしてもらう予定です。


インターン生の皆さん、10日間の盛りだくさんの内容になると思いますが、三共精機にとっても、皆さんにとっても素晴らしい経験になるよう、社員一同精一杯協力していきますので、どうぞ宜しくお願い致します。


三共精機株式会社 山中  
実習のアピールポイント
ポイント1 ・今世界で問題となっている環境問題の実態、企業の対応策について学ぶことができる。
・商社の営業活動に参加し、商社の仕事について知ることができる。
ポイント2 ・新しい仲間との実習を通じ、協力して1つの仕事を仕上げる難しさ、面白さを実体験する。
ポイント3 ・企画創造型のテーマに取組むことで無から有を生み出す体験をする。
ご担当者様から
学生へのメッセージ
ご応募お待ちしています。 
受入予定期間
①受入予定時期 8月29日~9月9日
②受入予定日程 上記の期間で確定です。
③実習中の週休日 土日
④備考
実働日数 10日 
受入人数 2名 ~4名 
学部系統指定 指定しない  
受入条件・資格  

実習先基本情報


三共精機株式会社
サンキョウセイキ
実習先ID 2566 
コース ビジネスコース 
主な業種 商社・卸売 
上記以外の業種  
所在地
〒601-8328
京都市南区吉祥院九条町49番地
写真(社内の様子)
U R L
http://www.sankyo-seiki.com/ 
事業内容
三共精機は、ものづくりの製造現場に必要な機械・工具などを提案し販売する専門商社です。国内4拠点と海外に子会社(マレーシア、フィリピン)を有しています。ものづくりの現場では、日々新たな技術によって研究や製品開発が行われています。私達はものづくりの現場で生まれる様々な問題を発見し、創業来70年以上にわたって培ってきた知恵と経験に基づき、様々な企業と連携しながら、お客様のものづくりの「課題解決」策を提案しています。 
インターンシップに取組む目的
2006年から大学コンソーシアム京都のインターンシップ・プログラムに取り組んでいます。
インターンシップを通じて、三共精機という場で社会を実体験しつつ、企画力・行動力・協働力・コミュニケーション力・成形力・想いの力を育み、当社に有益な価値を生み出すことで、参加した皆さんに人間として一段成長してほしいと思っています。
インターンシップ期間中は、社員をはじめ社内外の多くの人と協力し、与えられたテーマを完成してもらいます。単なる就業体験に終わらない、企画創造型のプログラムにしたいと考えています。
インターンシップを通じて共に学び、このプログラムが、みなさんの今後の人生に活きる活動になることを期待しています。
今年の活動も、新たな仲間と共に、人との繋がり、企業との繋がり、社会との繋がりの場となればと願っております。
 
選考方法
1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)  
選考に関する備考欄
 
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について
受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


三共精機の環境ブランド認知度UP
実施方法(予定)
対面とオンラインを併用して実施する
実習地住所
京都府 京都市南区吉祥院九条町49番地
※滋賀営業所 
実習地の最寄り駅
JR西大路駅より徒歩7分 
選考方法
1次選考のみ(大学コンソーシアム京都が決定)
実習内容
【テーマ】

三共精機の環境ブランド認知度UP



【実習内容】

・三共精機を知る。

・三共精機が環境商品を取り扱う意義について考える。

・三共精機の取り扱い環境商品を知る。

・ものづくり企業に浸透させる成果物の制作。



【詳細】

みなさんこんにちは。三共精機の山中です。

弊社は京都に本社を構え、測定機器、工具、機械、環境商品等さまざまな製品を販売し、日々ものづくりの課題解決にお応えしている専門商社です。今年の5月で設立74年を迎えます。


弊社は2006年から大学コンソーシアム京都のインターン・プログラムに取組んでおり、これまでに14大学、62名の学生と一緒に実習を進め成果物を作ってきました。


さて、今回のテーマですが、「三共精機環境ブランドの認知度UP」です。


近年、世界中で様々な気象災害が起こっています。その原因として温室効果ガスの影響による気温上昇が言われており、気温上昇を止める為に日本を含めた120か国以上が、2050年迄にカーボンニュートラル(温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させることを意味します)の目標を掲げています。


弊社では2018年より環境認証機構KESの「SR」という認証を取得し、
その中核課題の環境・消費者課題の取組の一つとして、弊社の売上にも直結する環境商品の拡販があります。


弊社としても、カーボンニュートラルの達成に取り組んでいるものづくり企業に対し、温室効果ガス等の削減につながる製品を環境商品と位置づけ、その拡販を進めてまいりました。しかし、実態として顧客にまだまだ取り組みが認知されていません。


そこでみなさんに弊社の取扱しているメーカーの環境商品を知って頂き、その特徴や魅力をまとめた成果物を制作し、弊社の環境ブランド力の向上に活用させて頂こうと考えています。


学生の皆さんにとっても、弊社の実習に参加頂くことで、商社の役割やメーカーがどのように環境問題に取組んでいるのかを知る機会となりますし、成果物の制作を通じては、コミュニケーション能力や文章力等を磨くことが出来るでしょう。


弊社を知ってもらう為に、会社の方針・環境商品の販売・モデルフォレスト等環境に関する取組等の説明を行います。また社員「ブラザー」についてもらい毎日のフォローをしてもらいます。1日の終わりには日報と弊社HP上での「インターンシップ・ブログ」を書いてもらいます。最終日には「成果発表会」を実施し、社員や見学者の前で成果物の制作過程やその想いについてプレゼンテーションをしてもらう予定です。


インターン生の皆さん、10日間の盛りだくさんの内容になると思いますが、三共精機にとっても、皆さんにとっても素晴らしい経験になるよう、社員一同精一杯協力していきますので、どうぞ宜しくお願い致します。


三共精機株式会社 山中  
実習のアピールポイント
ポイント1 ・今世界で問題となっている環境問題の実態、企業の対応策について学ぶことができる。
・商社の営業活動に参加し、商社の仕事について知ることができる。
ポイント2 ・新しい仲間との実習を通じ、協力して1つの仕事を仕上げる難しさ、面白さを実体験する。
ポイント3 ・企画創造型のテーマに取組むことで無から有を生み出す体験をする。
ご担当者様から学生へのメッセージ
ご応募お待ちしています。 
受入予定期間
①受入予定時期 8月29日~9月9日
②受入予定日程 上記の期間で確定です。
③実習中の週休日 土日
④備考
実働日数
10日 
受入人数
2名 ~4名 
学部系統指定
指定しない  
受入条件・資格