インターンシップ企業検索:結果詳細

結果詳細は以下のとおりです。

実習先基本情報


実習先ID 3464  コース 長期プロジェクトコース 
実習先名 有限責任事業組合まちとしごと総合研究所  実習先名カナ マチトシゴトソウゴウケンキュウジョ 
業 種
主な業種 非営利組織
上記以外の業種 官公庁、コンサルティング・調査・研究
所在地 〒602-0862
京都府京都市上京区河原町通丸太町上る出水町284番地
写真(社内の様子)
U R L https://www.shimogyo-ikik.net/ 
事業内容 まちとしごと総合研究所は、地域づくり・仕事づくりを専門とする、民間発・市民発の地域のためのシンクタンクです。京都をはじめ関西圏域を中心に、地域に必要な仕事・事業創出、調査研究、モデル・仕組みづくり、提言活動を行っていきます。

京都市からの委託を受けて運営している『下京いきいき市民活動センター』では、【SDGs】と【ダイバーシティ】を切り口に、市民一人ひとりが豊かに生きられる地域づくりを行っています。 
インターンシップに
取組む目的
まちづくりの主体は地域です。私たちは地域へのプライドとこだわりを軸に、多くの方々と協働しながら、地域に必要な仕事や、課題解決に向けたローカルプロジェクトを創る存在でありたいと思っています。未来に向けては人口減少をはじめ厳しい予測もある中で、これからの地域のあり方をこれからを担うワカモノなみなさんと、インターンシップを通じて共に地域の未来を創っていきたいと考えています。 
選考方法 2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
2次選考の詳細 書類選考(1次選考の結果と出願票により決定)
選考に関する備考欄  
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について 受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


実習部署又はプロジェクト名 SDGsの観点からまちの活動団体さんの次の一歩を応援・提案する支援プロジェクト 
実施方法(予定) 対面とオンラインを併用して実施する  
実習地住所 京都府 〒600-8207 京都府京都市下京区上之町38番地 うるおい館2階 下京いきいき市民活動センター   実習地の最寄り駅 京都駅(JR・近鉄・地下鉄烏丸線)から徒歩10分、京阪七条駅から徒歩約7分 
選考方法 2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
実習内容 まちとしごと総合研究所では、京都市内の地域づくり拠点として下京いきいき市民活動センター(下京いきセン)の運営を行っています。多くの市民のみなさんが、自らの「やってみたい」や「ほっとけない」という気持ちから活発に活動を行いその活動拠点としてご利用して頂いています。下京いきセンは独自のコンセプトとして「SDGsとダイバーシティの観点でまちやシゴトと活動をつなげるダイバーシティズン・センター」を掲げています。「ワカモノ」と地域団体や企業がSDGsをテーマにつながる場をつくりながら、誰一人取り残さない社会に向けて、市民の立場からできる取り組みを応援しています。

今回はインターンのみなさんには、活動団体さんへSDGsの観点から活動が一歩前へ進むような提案や活動を共に考え伴走していただくThink&Doプロジェクトを共に実施していきたいと思います。このプロジェクトへの参加を軸にしつつ、市民活動センターの運営やまちづくり支援に関心のある方は、さらに希望に応じてそれらの活動にも関わっていただきたくことも可能です。
ワカモノの発想で一緒に団体さんを応援していきましょう。

**活動内容**
・オリエンテーション
・SDGsに関するレクチャー
・地域で活動する事業者の取組レクチャー・見学
・社会課題解決プログラムの企画
・事業者との協働プログラムの提案
(・協働プログラムの実施 ※内容・スケジュールにより調整)

**活動スケジュール**
◆6月 課題把握・目標設定・活動スケジュール設定
◇プロジェクトミーティング➀
 ・オリエンテーション/チームビルディング
 ・SDGsに関するレクチャー
 6月18日(土)13:00-17:00@下京いきいき市民活動センター

◆7月 プロジェクトの開始
◇プロジェクトミーティング➁
 ・地域で活動する事業者の取り組みレクチャー
 7月2日(土)13:00~17:00@下京いきいき市民活動センター
◇事業者の取り組み見学
 ※事業者見学日については別途調整

◆8月・9月 プロジェクトの実行~完成
◇プロジェクトミーティング(3)
 ・企画についてのレクチャー
 ・社会課題解決プログラムの企画
 8月6日(土)13:00~17:00@下京いきいき市民活動センター
◇プロジェクトミーティング(4)
 ・プログラム企画の進捗共有
 ・スタッフ・事業者によるフィードバック
 9月3日(土)13:00~17:00@下京いきいき市民活動センター
◇学生自身による自主的な打ち合わせ・ミーティング

※その他、参加学生で自主的な打ち合わせ・ミーティング日を設定

◆10月 プロジェクトの振り返り
◇企画提案発表会
 ・事業者への協働プログラムの提案
 ・フィードバック・実施に向けた検討・ふりかえり
 10月1日(土)13:00~17:00@下京いきいき市民活動センター
 
実習のアピールポイント
ポイント1 ◇SDGsに関する、基本的な知識と地域社会での取り組み方法
SDGs(持続可能な開発目標)は、2030年までに全世界で取り組む共通の目標です。「誰一人取り残さない」社会づくりに向けて、企業・行政・NPOなどあらゆる主体が取り組みます。SDGsについての基礎知識、またそれを地域で実現するためのノウハウが学べます。
ポイント2 ◇メンバーの自主性・主体性に基づく運営
本プログラムでは、参加学生の自主性・主体性に基づいて、プログラムを進めていきます。月1回のプロジェクトミーティング以外は、メンバーでスケジュール・取組内容・企画を決めていただきます。それにより、社会で必要なプロジェクト運営力が高まります。
ポイント3 ◇協働プログラムの提案・実現
本プログラムでは、実際に地域で活動する事業者の方に関わっていただき、事業者と協働したプログラム実施を目指します。自分たちのやりたいこと・社会のニーズ・事業者のニーズを合わせていく協働のプロセスが体験できます。
ご担当者様から
学生へのメッセージ
これからの社会を作っていくのは、若い学生の皆さんです。
本プログラムでの学びは、必ず社会を変える力になると信じています。
誰もが豊かに生きることができる社会を目指して、一緒に取り組んでいきましょう。 
受入予定期間
①受入予定時期 6月16日~11月4日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 実習生と相談
④備考 長期プロジェクトコースの受入期間は上記に関わらず6月~11月です。
実働日数 活動状況による 
受入人数 2名 ~6名 
学部系統指定 指定しない  
受入条件・資格 基本的なPC操作(Word/Power point)ができるコトが望ましい。 

実習先基本情報


有限責任事業組合まちとしごと総合研究所
マチトシゴトソウゴウケンキュウジョ
実習先ID 3464 
コース 長期プロジェクトコース 
主な業種 非営利組織 
上記以外の業種 官公庁、コンサルティング・調査・研究 
所在地
〒602-0862
京都府京都市上京区河原町通丸太町上る出水町284番地
写真(社内の様子)
U R L
https://www.shimogyo-ikik.net/ 
事業内容
まちとしごと総合研究所は、地域づくり・仕事づくりを専門とする、民間発・市民発の地域のためのシンクタンクです。京都をはじめ関西圏域を中心に、地域に必要な仕事・事業創出、調査研究、モデル・仕組みづくり、提言活動を行っていきます。

京都市からの委託を受けて運営している『下京いきいき市民活動センター』では、【SDGs】と【ダイバーシティ】を切り口に、市民一人ひとりが豊かに生きられる地域づくりを行っています。 
インターンシップに取組む目的
まちづくりの主体は地域です。私たちは地域へのプライドとこだわりを軸に、多くの方々と協働しながら、地域に必要な仕事や、課題解決に向けたローカルプロジェクトを創る存在でありたいと思っています。未来に向けては人口減少をはじめ厳しい予測もある中で、これからの地域のあり方をこれからを担うワカモノなみなさんと、インターンシップを通じて共に地域の未来を創っていきたいと考えています。 
選考方法
2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
2次選考の詳細
書類選考(1次選考の結果と出願票により決定)
選考に関する備考欄
 
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について
受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


SDGsの観点からまちの活動団体さんの次の一歩を応援・提案する支援プロジェクト
実施方法(予定)
対面とオンラインを併用して実施する
実習地住所
京都府 〒600-8207 京都府京都市下京区上之町38番地 うるおい館2階 下京いきいき市民活動センター
実習地の最寄り駅
京都駅(JR・近鉄・地下鉄烏丸線)から徒歩10分、京阪七条駅から徒歩約7分 
選考方法
2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)
実習内容
まちとしごと総合研究所では、京都市内の地域づくり拠点として下京いきいき市民活動センター(下京いきセン)の運営を行っています。多くの市民のみなさんが、自らの「やってみたい」や「ほっとけない」という気持ちから活発に活動を行いその活動拠点としてご利用して頂いています。下京いきセンは独自のコンセプトとして「SDGsとダイバーシティの観点でまちやシゴトと活動をつなげるダイバーシティズン・センター」を掲げています。「ワカモノ」と地域団体や企業がSDGsをテーマにつながる場をつくりながら、誰一人取り残さない社会に向けて、市民の立場からできる取り組みを応援しています。

今回はインターンのみなさんには、活動団体さんへSDGsの観点から活動が一歩前へ進むような提案や活動を共に考え伴走していただくThink&Doプロジェクトを共に実施していきたいと思います。このプロジェクトへの参加を軸にしつつ、市民活動センターの運営やまちづくり支援に関心のある方は、さらに希望に応じてそれらの活動にも関わっていただきたくことも可能です。
ワカモノの発想で一緒に団体さんを応援していきましょう。

**活動内容**
・オリエンテーション
・SDGsに関するレクチャー
・地域で活動する事業者の取組レクチャー・見学
・社会課題解決プログラムの企画
・事業者との協働プログラムの提案
(・協働プログラムの実施 ※内容・スケジュールにより調整)

**活動スケジュール**
◆6月 課題把握・目標設定・活動スケジュール設定
◇プロジェクトミーティング➀
 ・オリエンテーション/チームビルディング
 ・SDGsに関するレクチャー
 6月18日(土)13:00-17:00@下京いきいき市民活動センター

◆7月 プロジェクトの開始
◇プロジェクトミーティング➁
 ・地域で活動する事業者の取り組みレクチャー
 7月2日(土)13:00~17:00@下京いきいき市民活動センター
◇事業者の取り組み見学
 ※事業者見学日については別途調整

◆8月・9月 プロジェクトの実行~完成
◇プロジェクトミーティング(3)
 ・企画についてのレクチャー
 ・社会課題解決プログラムの企画
 8月6日(土)13:00~17:00@下京いきいき市民活動センター
◇プロジェクトミーティング(4)
 ・プログラム企画の進捗共有
 ・スタッフ・事業者によるフィードバック
 9月3日(土)13:00~17:00@下京いきいき市民活動センター
◇学生自身による自主的な打ち合わせ・ミーティング

※その他、参加学生で自主的な打ち合わせ・ミーティング日を設定

◆10月 プロジェクトの振り返り
◇企画提案発表会
 ・事業者への協働プログラムの提案
 ・フィードバック・実施に向けた検討・ふりかえり
 10月1日(土)13:00~17:00@下京いきいき市民活動センター
 
実習のアピールポイント
ポイント1 ◇SDGsに関する、基本的な知識と地域社会での取り組み方法
SDGs(持続可能な開発目標)は、2030年までに全世界で取り組む共通の目標です。「誰一人取り残さない」社会づくりに向けて、企業・行政・NPOなどあらゆる主体が取り組みます。SDGsについての基礎知識、またそれを地域で実現するためのノウハウが学べます。
ポイント2 ◇メンバーの自主性・主体性に基づく運営
本プログラムでは、参加学生の自主性・主体性に基づいて、プログラムを進めていきます。月1回のプロジェクトミーティング以外は、メンバーでスケジュール・取組内容・企画を決めていただきます。それにより、社会で必要なプロジェクト運営力が高まります。
ポイント3 ◇協働プログラムの提案・実現
本プログラムでは、実際に地域で活動する事業者の方に関わっていただき、事業者と協働したプログラム実施を目指します。自分たちのやりたいこと・社会のニーズ・事業者のニーズを合わせていく協働のプロセスが体験できます。
ご担当者様から学生へのメッセージ
これからの社会を作っていくのは、若い学生の皆さんです。
本プログラムでの学びは、必ず社会を変える力になると信じています。
誰もが豊かに生きることができる社会を目指して、一緒に取り組んでいきましょう。 
受入予定期間
①受入予定時期 6月16日~11月4日
②受入予定日程 上記の期間中で実習生と相談(事前訪問時)のうえ決定します。
③実習中の週休日 実習生と相談
④備考 長期プロジェクトコースの受入期間は上記に関わらず6月~11月です。
実働日数
活動状況による 
受入人数
2名 ~6名 
学部系統指定
指定しない  
受入条件・資格
基本的なPC操作(Word/Power point)ができるコトが望ましい。