インターンシップ企業検索:結果詳細

結果詳細は以下のとおりです。

実習先基本情報


実習先ID 3460  コース 長期プロジェクトコース 
実習先名 チャレンジつねよし百貨店実行委員会  実習先名カナ チャレンジツネヨシヒャッカテンジッコウイインカイ 
業 種
主な業種 小売・販売・専門店
上記以外の業種
所在地 〒629-2533
京都府京丹後市大宮町上常吉123−2
写真(社内の様子)
U R L http://e-mura.jp/tsuneyoshi/ 
事業内容 京都府北部の京丹後市大宮町常吉(つねよし)地区で唯一の商店として営業しながら、過疎地域の農家や高齢者の暮らしを支え、地域のコミュニティセンターの役割を担う。
「なんでもあるから」「なんでもするから」という理由で百貨店と称し、「日本一小さい百貨店」と親しまれている。
地元で採れた旬の野菜や果物、手作りの保存食など他にはないものにこだわり、地域の農・食・伝統・暮らしの維持につながる活動を行っている。 
インターンシップに
取組む目的
過疎高齢化が進む地方は課題山積で大変さばかり強調されますが、昔ながらの暮らしを引き継ぎ、物や人に溢れない地方の集落にこそ、持続可能な未来社会へのヒントがあると感じます。
地方の課題をマイナスではなくプラスで捉え、豊かな未来に繋げるために必要なものが何なのか?を次世代を担う若い皆さんに見つけて欲しいと願っています。
人の繋がりとは何か、コミュニティの役割とは、豊かな暮らしとは、といったテーマを見つけるお手伝いをお願いします。 
選考方法 2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
2次選考の詳細 書類選考(1次選考の結果と出願票により決定)
選考に関する備考欄  
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について 受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


実習部署又はプロジェクト名 日本一小さな百貨店で考える持続可能な暮らし 
実施方法(予定) 対面とオンラインを併用して実施する  
実習地住所 京都府 京丹後市大宮町上常吉123−2   実習地の最寄り駅 京都丹後鉄道 京丹後大宮駅 
選考方法 2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
実習内容 商店、コミュニティセンターとしての百貨店をベースに、お客様や地域の方(高齢者から子供まで)との交流を通じ、持続可能な暮らし、理想とするコミュニティのあり方を考える。
※具体的な活動内容は実習生の専攻や希望を聞きながら決定します。
※プロジェクト内容は、「地域の繋がり、地域コミュニティ」、「環境への取組」、「中小企業と連携しての地域活性化」など

※現地までの交通費2回分は大学コンソーシアム京都で負担。
 現地での宿泊費の補助はありません。宿泊場所は紹介します。
(宿泊費目安:ゲストハウス 一泊1部屋5,000円、清掃費1組2,000円(2名だと清掃費と合わせた7,000円の半分3,500円が一泊1名費用))

6月~7月で、現地調査。
夏季休暇中に1週間程度滞在予定。(※宿泊場所予約状況による)
都度、打合せはオンラインで。 
実習のアピールポイント
ポイント1 農村のリアリティを体験できる
ポイント2 移住者としての視点を学べる
ポイント3 ビジネスとコミュニティの両立について学べる
ご担当者様から
学生へのメッセージ
大阪で生まれ、京都市内の大学を卒業し、東京やアメリカで働いた後、リーマンショックの翌年に縁もゆかりもなかったこの地に移住して約10年、今では第二の故郷となりました。不確実な時代だからこそ、原点に返り、未来を考えるチャンスがあると思います。答えはないので一緒に考えてください。よろしくお願いします。 
受入予定期間
①受入予定時期 6月16日~11月4日
②受入予定日程 上記の期間中で受入先が指定します。
③実習中の週休日 実習生と相談
④備考 長期プロジェクトコースの受入期間は上記に関わらず6月~11月です。
実働日数 活動状況による 
受入人数 2名 ~3名 
学部系統指定 指定しない  
受入条件・資格  

実習先基本情報


チャレンジつねよし百貨店実行委員会
チャレンジツネヨシヒャッカテンジッコウイインカイ
実習先ID 3460 
コース 長期プロジェクトコース 
主な業種 小売・販売・専門店 
上記以外の業種  
所在地
〒629-2533
京都府京丹後市大宮町上常吉123−2
写真(社内の様子)
U R L
http://e-mura.jp/tsuneyoshi/ 
事業内容
京都府北部の京丹後市大宮町常吉(つねよし)地区で唯一の商店として営業しながら、過疎地域の農家や高齢者の暮らしを支え、地域のコミュニティセンターの役割を担う。
「なんでもあるから」「なんでもするから」という理由で百貨店と称し、「日本一小さい百貨店」と親しまれている。
地元で採れた旬の野菜や果物、手作りの保存食など他にはないものにこだわり、地域の農・食・伝統・暮らしの維持につながる活動を行っている。 
インターンシップに取組む目的
過疎高齢化が進む地方は課題山積で大変さばかり強調されますが、昔ながらの暮らしを引き継ぎ、物や人に溢れない地方の集落にこそ、持続可能な未来社会へのヒントがあると感じます。
地方の課題をマイナスではなくプラスで捉え、豊かな未来に繋げるために必要なものが何なのか?を次世代を担う若い皆さんに見つけて欲しいと願っています。
人の繋がりとは何か、コミュニティの役割とは、豊かな暮らしとは、といったテーマを見つけるお手伝いをお願いします。 
選考方法
2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)  
2次選考の詳細
書類選考(1次選考の結果と出願票により決定)
選考に関する備考欄
 
新型コロナウイルス感染拡大予防対策について
受入にあたっては、「大学コンソーシアム京都インターンシップ・プログラム受入ガイドライン」を遵守します。  

実習部署情報


日本一小さな百貨店で考える持続可能な暮らし
実施方法(予定)
対面とオンラインを併用して実施する
実習地住所
京都府 京丹後市大宮町上常吉123−2
実習地の最寄り駅
京都丹後鉄道 京丹後大宮駅 
選考方法
2次選考あり(出願・面接後、受入れ先が指定する選考方法により決定)
実習内容
商店、コミュニティセンターとしての百貨店をベースに、お客様や地域の方(高齢者から子供まで)との交流を通じ、持続可能な暮らし、理想とするコミュニティのあり方を考える。
※具体的な活動内容は実習生の専攻や希望を聞きながら決定します。
※プロジェクト内容は、「地域の繋がり、地域コミュニティ」、「環境への取組」、「中小企業と連携しての地域活性化」など

※現地までの交通費2回分は大学コンソーシアム京都で負担。
 現地での宿泊費の補助はありません。宿泊場所は紹介します。
(宿泊費目安:ゲストハウス 一泊1部屋5,000円、清掃費1組2,000円(2名だと清掃費と合わせた7,000円の半分3,500円が一泊1名費用))

6月~7月で、現地調査。
夏季休暇中に1週間程度滞在予定。(※宿泊場所予約状況による)
都度、打合せはオンラインで。 
実習のアピールポイント
ポイント1 農村のリアリティを体験できる
ポイント2 移住者としての視点を学べる
ポイント3 ビジネスとコミュニティの両立について学べる
ご担当者様から学生へのメッセージ
大阪で生まれ、京都市内の大学を卒業し、東京やアメリカで働いた後、リーマンショックの翌年に縁もゆかりもなかったこの地に移住して約10年、今では第二の故郷となりました。不確実な時代だからこそ、原点に返り、未来を考えるチャンスがあると思います。答えはないので一緒に考えてください。よろしくお願いします。 
受入予定期間
①受入予定時期 6月16日~11月4日
②受入予定日程 上記の期間中で受入先が指定します。
③実習中の週休日 実習生と相談
④備考 長期プロジェクトコースの受入期間は上記に関わらず6月~11月です。
実働日数
活動状況による 
受入人数
2名 ~3名 
学部系統指定
指定しない  
受入条件・資格